日英同盟ブログ

物欲。欲しいけど、欲しくない。

私は物欲が尽きることがありません。欲しいものがないときは、欲しいものを探してまで「欲しいもの」を作る。しかしそれには二つの判断基準(ルール)があります。

「一過性のものは買わない」
「流行とは距離があるものを買う」

つまり、「残るものを買って、客観で選ばない」ということです。

これは結構難しいルールかと思いきや、長年この決まりごとで生活していると、どうってことはありません。逆に、この自分で設けたルール以外でものを買うことができないわけですから。(ルール、ルールうるさい。こういう人間が一番破天荒だったりする)

なかでも、一過性のものは全く手を出すことができません。単純にお金がもったいないと思う。特に、ギャンブル・合コンは馬鹿らしくて一銭も出せない。ギャンブルは勝っても誰かしら嫌な気持ちになるし、仲が悪くなりそう。人生ギャンブルなのに、小さいギャンブルを打つ必要も感じない。合コンに至っては、素性も知れないがっついた女性に、割り合い多めに払う意味が見出せません。

「同席している人間にお金を払うわけではく、時間を買っている」という論理も分からなくもないですが、いかんせんそれらを経験せずにここまできてしまったので、同調できない。もちろん、それなりの興味はあります。そこに集まる人の、普段接しないような考えや、行動を目の当たりにすることができるという意味で。どちらもいわゆる「欲望剥き出し状態」なわけだから、面白い展開が繰り広げられるに違いない。うん、そうに違いない。よし、行ってみよう!とはならないかなあ。ならないんだろうなあ。

主題から大きく話がズレてしまいました。物欲の話でした。

欲しいものをみつけるにしても、私の耳に入り、思案を巡らせる時点でその規模の大小に関わらず「ものの情報」は一般化しているわけです。主観で選んでいるつもりが、少数派の一員であることも否めない。心を強く保っていても、時代の流れ、流行の兆しには時として負けそうになるときもあります。それの最たるものが、最近ユーザーが激増している「i-phone」です。

一日に一回は「i-phoneに替えました。登録の変更をお願いします!」というメールが届くし、近しい人間もこぞって買い替えています。相棒の吉川くんもそう。

また、彼らは一様に自慢気で機能を説明してくる。そしてその都度、ちゃんと羨ましい。欲しいものが明確にないとき、探しても心に響くものがないときの「機能説明」はかなりのパンチ力があります。基本的に物欲は好奇心とイコールであることが多い。特に私の場合。

しかし、よくよく考えてみると、いま現在一番の流行の最先端を走っているi-phoneに手を出すことは冒頭の意に反してしまう。散々悩んで、俯瞰で眺めて、やっぱり購入は断念することにしました。

欲しいものを探すのも、紆余曲折が必要不可欠なわけです。ともあれ、まだちょっと欲しい。でも欲しくない。考えるのをやめて、新しく「欲しいもの」がアップデートされるのを待ちます。

名前を付けてやる。

私の住んでいる新宿は、ホストとキャバ嬢のほかに「野良猫」もたくさんいる。ハードボイルド小説では、それらを全部ひっくるめた総称を「野良猫」と呼んでいそうですが...。私がいっているのは、もちろん猫の方です。

彼らはそれぞれ縄張りがあり、その範囲内で生活をしているらしい。規律と秩序がしっかりと守られているように、同じ場所、同じような時間に見掛けることが多い。

そんな野良猫の彼らに、私は名前を付けている。餌付けするわけでもなく、撫でるわけでもない。そこは都会の住人同士、結構ドライな距離感が保てている。

ただ、一方的に思い入れを持って眺めているだけ。眺めるときは、数分間じっと眺める。目が合うときもある。そんな時はどちらかが飽きるまで根気勝負。大概は私の勝利に終わる。そんな一連のやりとりが、もはや私の日課になっている。

そして、以下が私が勝手に付けている猫の名前と容姿の特徴になります。

・「カウ」 ⇒白黒の二色、見た目が牛のようだから。

・「ブチ」 ⇒三色以上のサイケデリックな柄が特徴。ただのドラネコ。

・「チョビ」⇒白一色だが、鼻の下から左右に広がるように黒い柄がチョビヒゲに見えるから。

・「マルタ」⇒野良猫では信じられないくらい丸々と太っていて、後ろから見ると丸太にしか見えないから。

みなさんも、野良猫に好きな名前を付けてあげてください。日々がほんの少し浮足立ちます。ただし、餌付けはしないように。

お薦め邦楽バンド。

最近は、私の中で洋楽が若干頭打ちな感じ。決めつけてはいけないと思うけれど、実感としてそう思う。飽きちゃいないが、期待と予想を越えない。

だから、いま「邦楽」が熱い。

片っ端から視聴して、気に入ったら購入。その繰り返し。買った曲と、買おうと思って悩んでる曲を下に羅列します。どれも素晴らしいので、一度聴いてみてください。

・「僕の果汁」 ズットズレテルズ
・「アルクアラウンド」 サカナクション
・「everything is my guiter」 andymori
・「DJ SONG」 sister jet
・「BOY'S BEAT」 おとぎ話

並べてみると「下北系」ばっかりだ。ははは。

口内環境改善化。

数年振りに、歯科医院へ治療に行ってきました。

愛煙家の私としては、定期的な歯石除去とホワイトニングは必須であるはずなのに、「なにとか忙しい」という意味不明な言い訳を楯に、ずっと遠ざかっていました。医者へ行けないほど忙しい人間なんていないのに。

案の定、隅々までチェックされて、治療すべき箇所がいくつも見つかりました。言わんこっちゃない。今日だけの治療で終えるつもりだったのですが、数日に渡って通院することになりました。黙ってお医者さんの言うことを聞くことにします。

まず最初に、初診ということでレントゲン撮影。新しい歯科医院だけあって、見たこともない最新設備が多くあり、レントゲンもそのひとつ。赤いレーザーが顔の前面を十字に照射し、パラボラアンテナのような白い羽が頭を一周しました。レントゲン写真の確認は、治療台の横にある液晶画面に映し出され、説明を受けやすい環境。完璧で潔癖な医院、そんな印象。

肝心の先生は、丁寧で的確な説明をよどみなく発する、上品でロマンスグレーな紳士。きれいな院内で、行儀のよい設備、上品な歯科医。まるで未来の歯科医院に来たような気持ちになりました。

治療も速やかで痛みもなく、当たり外れが多いと言われる歯科医院の中で、今日私が訪れた医院は当たりの部類に入りそうです。

ただ、今している「歯の詰め物」がプラスチックな味わいがする。それはどこでも一緒かな?

いきなり無題。

昨晩にこのブログページを始めてから、幾つか反響をいただいて、本当に立ち上げて良かったなと思っています。ありがとうございます。なかなかの天邪鬼で、気まぐれな私ですが頑張って続けていきます。そう、続けなきゃいけない。

堅い、文章。出てる人間性!その通り。

さて、いきなり無題と称してのブログ投稿二回目ですが、ふと思ったことにタイトルって付けられないわけです。きっとみなさんもそうでしょう。

思った。

人づきあいって、本当に難しい。

距離とか関係性とか、想いとか。そういうものを飛び越えたり、忘れたりして、みんなで仲良くなりたい。だけれどやっぱりそんなものは到底無理なハナシであって、前出のようなある種の「枷」がなくなることはない。なぜなら、その「枷」があるからこそ、仲良くなるのが嬉しくて、楽しいわけだから。う~む、本当に難しい。「枷」とは言い過ぎた。せめて「人の心」ですね。

悩んでるわけではないのに、この話題。

よし、悪口言ってやる。

「ビックスクーターにスピーカーを付けて、爆音で走っているやつ」⇒似合わない帽子を被せてやる。

「歩道で一列に並んで歩くサラリーマン」⇒廊下に張り出されてる修学旅行の写真の、お前が写ってる写真だけ余らせてやる。

「音楽室で先生が来るまで、並んで<チョップスティック>を連弾している女子」⇒可愛い!

ARCHIVE

2017 / 6

2016 / 1 2 3 4 6 7 8 9 10

2015 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

2014 / 1 2 4 7 8 9 10 11 12

2013 / 1 2 3 4 5 6 7 8 10 11 12

2012 / 1 2 6 7 8 9 10 11

2011 / 1 2 3 5 6 7 8 11

2010 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 11 12

Copyright (C) Nagashima Tomohiko All Rights Reserved.