節目を越えて、改めて。

十周年記念トークライヴ「Style Council」が終了しました。ご来場いただいた皆さま、関係者さま、ありがとうございました。

たくさんの人と関われて、時間を共有できて、最高の夜になりました。ささやかではあるけれど、十周年という節目を我々らしい表現で迎えられたことがなにより嬉しいです。本当にありがとうございました。

内容もかなりのヴォリュームで、鉄道やら、坂本龍馬やら、蔵出し映像やら、とにかくやりたいことをやりっぱなし。二人が十年間、いや、それ以上の期間抱えてきたアレコレを、皆さんの前にドバーっと無雑作に広げた感じになりました。簡潔にひとこと「恥ずかしい」に尽きます。終わったいまでさえも。変わらず胸がザワザワします。

あのようにノープランでイベントに臨んだこともかつてなかったので、心地よい緊張感とライヴ感が味わえました。我々(主に私)は構成や演出にもっとも心血を注ぐ人間なので、後にも先にも今回のノープランが最後のように思えます。

でも、だからこそ心から楽しめた実感、少しの可能性を掴めた充足感が、得られたのも事実。次の企画に必ず生きてくることになるでしょう。いまから楽しみでなりません。どうぞこれからもよろしくお願いします。

最後に、次回は単独公演でお目に掛かりたいと思っています。ありがとうございました。

ARCHIVE

2017 / 6 7 8 9

2016 / 1 2 3 4 6 7 8 9 10

2015 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

2014 / 1 2 4 7 8 9 10 11 12

2013 / 1 2 3 4 5 6 7 8 10 11 12

2012 / 1 2 6 7 8 9 10 11

2011 / 1 2 3 5 6 7 8 11

2010 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 11 12

Copyright (C) Nagashima Tomohiko All Rights Reserved.