反応・反射・音速・光速。

私はクロスバイクを移動手段としています。近場であれば大抵乗ることにしています。普段あまり運動しないので、せめて移動と運動を兼ねてしまおうという浅はかな考えの元です。

クロスバイクというのはいわゆる一般的な自転車よりは少し稼働能力が高く、スピードも割りに出て、かなり快適な移動ツールです。街で一番多く見かけるのはこのタイプですね。

「移動と運動」

このふたつの要素を満たすために乗っているわけではあるのですが、やや運動に比重が多くなってきました。それに伴って、あることが頭をよぎり始めました。

「もっと早く走りたい」

改行をすると、まるで人類の一大テーマのような趣が出てきてしまいますが、そんな大層なものではありません。読んで字のごとく。ちょっとビュンビュンしてみたいだけです。

早く走り、本気モードに突入するのであれば、やはり「ロードバイク」になるわけです。あの、ツール・ド・フランス的な、競輪的なやつです。いまはロードバイクが欲しくてたまらないです。移動の枠を越えて、ツーリングしてみたい。ハチクロの竹本くんみたく、道がなくなるまで走ってみたい。誰かに出会ったり、なにかを再発見してみたい。ここで猪木は引用したくない。そうでもないので。

ということで、いままさに探している最中であります。巷で流行りに流行っている、ギアのない「ピストバイク」は長距離向きではないし、アップダウンの多い都内の街乗りにも向いているとは思えないので、ロードバイクであってもピストは断念。これは早い段階から結論が出ました。

となると、普通のロードバイクということになります。

ロードバイクといっても、ものすごい種類があります。クラシカルなものから、軽量化を追求したまるでF-1のようなルックスのものまで様々です。別にレースに出る気などさらさらないので、後者は除外しました。私が最新鋭なロードレーサーにまたがって、ウルトラ警備隊のような衣装を着て走っている姿が似合わないことは容易に想像がつきます。

やはりクラシカルなロードレーサーがいい。現時点で幾つか候補は挙げているので、ここからまたじっくりと精査していこうと思います。どんなロードバイクを買うか、買ったかはまた後日。

ARCHIVE

2017 / 6 7 8 9

2016 / 1 2 3 4 6 7 8 9 10

2015 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

2014 / 1 2 4 7 8 9 10 11 12

2013 / 1 2 3 4 5 6 7 8 10 11 12

2012 / 1 2 6 7 8 9 10 11

2011 / 1 2 3 5 6 7 8 11

2010 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 11 12

Copyright (C) Nagashima Tomohiko All Rights Reserved.