韓国ブームと僕との距離。

韓国ブームが留まるところを知らないです。まさにTomorrow never knowsです。混乱するから引用すべきではなかった。とにもかくにも、国内のどのジャンルをもってしても太刀打ちできる状態ではないです。かつての「ヨン様ブーム」など足元にも及ばない勢いを肌で感じています。

確かに、なにを隠そう、僕もどっぷりではあるわけで(だから肌で感じている)、このムーブメントの一役を担っている(加担はしていないけど)ことになります。芸人の中では5本の指に入るくらいの情報量と熱意があると自負しています。

ファンクラブも2つ入ってます。それで、来日ライヴやファンミーティングの先攻抽選に応募して、漏れて、号泣したりしています。ただの純粋なファンと化しています。この状態を俯瞰で眺めて、まんざらでもない自分もいます。むしろ酔っているといってもいい。

僕が応援している俳優やバンドが辞めない限り、ちゃんと情熱を持って支持していけるのか、甚だ信じ難いけれど、いまのところは思うままに突き詰めていこうと思っています。

韓国ドラマから僕のブームが始まったので、お薦めを下記に記します。どれも面白くて、キュンときて、泣けるので是非観てみてください。

・「美男ですね」
・「僕の彼女は九尾狐」
・「メリは外泊中」
・「タルジャの恋」
・「オー!マイレディー」
・「私の名前はキム・サムスン」
・「コーヒープリンス1号店」
・「華麗なる遺産」

ではでは。

ARCHIVE

2017 / 6 7 8 9

2016 / 1 2 3 4 6 7 8 9 10

2015 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

2014 / 1 2 4 7 8 9 10 11 12

2013 / 1 2 3 4 5 6 7 8 10 11 12

2012 / 1 2 6 7 8 9 10 11

2011 / 1 2 3 5 6 7 8 11

2010 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 11 12

Copyright (C) Nagashima Tomohiko All Rights Reserved.