日英同盟ブログ

Låpsley - Hurt Me.

女子のSSWだってすごい新人がいるんです。そしてやっぱりUK出身です。頭角って絶対に現れちゃうわけで、まったくもって隠せるモノではないってこと。

Låpsleyという19歳の彼女は、数々のレーベルによる争奪戦の末、XL Recordingsと契約し、2015年のBBC Sound of 2015にもエントリーされるという順風満帆ぶりでSSWの大海原への航海を始めています。

陳腐な表現になってしまうけど、まあ、それを引用させてもらうとして。「ネクスト・アデル」と言われています。歌が上手くてポチャってるくらいの認識でいてください。

そんな、ネクスト・ポチャのLåpsleyが春に初来日します。もうすぐ!4月10日です。必殺のHOSTESSが呼んでくれるみたいです。これは観ておきましょう!彼女は未来です。

Declan McKenna - Brazil.

また出てくるんだよな、イギリスって。どんどん新しいスターが。


弱冠17歳のSSWで、昨年から活動をしていて英国で最も有名なフェス、グラストンベリーのコンペティション部門で優勝。その後はラジオのヘビープレイリストに数週間鎮座していたり、前途洋々の天才児です。


曲はもちろんのこと、いかにも「イギリスっ子」らしい愛嬌のあるルックス、JAKE BUGGやTHE VIEWのカイルの様な印象的なヴォーカルがとても好印象。


JAMES BAYやSAM SMITHはじめ、JACK GARRATTEなど最近のイギリス出身のSSWが調子いい!彼もいけ!

ARCHIVE

2017 / 6 7 8 9

2016 / 1 2 3 4 6 7 8 9 10

2015 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

2014 / 1 2 4 7 8 9 10 11 12

2013 / 1 2 3 4 5 6 7 8 10 11 12

2012 / 1 2 6 7 8 9 10 11

2011 / 1 2 3 5 6 7 8 11

2010 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 11 12

Copyright (C) Nagashima Tomohiko All Rights Reserved.