The 1975 - The Sound.

おい、マジですか。THE 1975を一度も書いていないではないか。ラジオでは散々話題に挙げてきたので文章にしていると思っていたけど違っていたようです。まあ、確かに僕の中で評価が高くなってきたのはここ最近(偉そうですね)。そう、春の単独を六本木EXシアターに観に行ってからです。

僕が応援しているような、ゴリッゴリの、ギターロック丸出しのインディーバンドとは相反するスタンスというか、アティチュードというか。要は女子になかなかモテないバンドかそうでないか。コツコツ地道に売れるパターンなのか、女子人気でとりあえずメジャーまで行っちゃうのか。どっちのバンドが好きか。どっちかというと前者が好き。みたいな。

ところが、1975はメジャー路線のワーキャーでありながらそんな(ある種)ネガティヴなパブリックイメージを越えるセンスを持っていたことに気づいたわけです。これは自称音楽好きとしては恥ずかしい発見です。でも言い訳させてください。そもそもデビュー時から格好良かったわけです。それは本当にそう思って。アルバムもCDで買いました。

ライブもフェスで数分間は観てました。感情移入せずに客観的に。

ところが、今となってはTシャツを着ちゃうまで好きになったTHE 1975です。ポリシーなんかありませんが、コロコロ変わります。だっていいもんはいいです。こんなキラキラしてるシンセポップでありながらスタジアム級のサウンドスケープとパフォーマンスが出来るバンドを、よく知りもしない聴きもしないで、見た目と外聞だけで敬遠していたら頭どうかしてる。インチキ音楽野郎ですもん。

このベタ褒めバンドもサマソニに登場、しかもSUEDEの後!sonicステージのトリです。この並びはヤバイです。女子は腰くだけになります。セクシー並びに。僕はそれを観にいきます。床に累々と積み上げられた女子の屍を写メしにいきます。よろしくどうぞ。

ARCHIVE

2017 / 6 7 8 9

2016 / 1 2 3 4 6 7 8 9 10

2015 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

2014 / 1 2 4 7 8 9 10 11 12

2013 / 1 2 3 4 5 6 7 8 10 11 12

2012 / 1 2 6 7 8 9 10 11

2011 / 1 2 3 5 6 7 8 11

2010 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 11 12

Copyright (C) Nagashima Tomohiko All Rights Reserved.