日英同盟ブログ

MONDO GROSSO - ラビリンス.

才能がダダ漏れする人ってたまにいますよね。でも僕の中でその琴線に触れてくる絶対条件は「踊れること」です。なんだそれ!という感じでしょうが、プリミティブな単純さがすべてのパフォーマンスにつながっていると思っています。


なのでこの満島ひかりをfeat.したMONDO GROSSOのラビリンスに感動しきりなわけです。映画・ドラマで大活躍、こないだまで放送してた坂元さん脚本の「カルテット」なんて最高なわけで、離婚して完全に運気を自力であげている彼女が歌い踊る。たまらんの極地です。


香港のような異世界感と原色の彼女、振り付けはラ・ラ・ランドの振り付けチームが担当するという盤石な布陣。歌いたくなる踊りたくなる。それですべてこのMVの勝利。


SiaのMVでおなじみのバレーダンサー、マディ・ジーグラのように美しいです。みぞみぞする。

Harry Styles - Kiwi.

元ONE DIRECTIONのハリーがようやくソロ音楽活動を開始しました。俳優としては以前から活動していたけど、やっぱり音楽やってくれるのが嬉しい。


1Dでいえば、先にゼインが脱退してからソロ活動を始めて快進撃。いまだにその影響力は続いています。1D休止後のメンバーは、ルイはスティーヴ・アオキとEDMを、ナイルはアコギ一本持ってアイリッシュなフォークソングでそれぞれの表現をしてくれましたが、イマイチ抜けきれないというか、良くも悪くも1Dの延長のような気がしてやっぱりまだゼインに追いつけないなーと思ってました。


そこへ1Dの顔役といえる真打ち・ハリーのソロアルバムがリリース。いずれの曲も良曲揃い、ロック色が色濃く表現されていてずっと楽しい内容でした。今年12月に六本木EXシアターでの来日公演も決定し、そしてそれを待たずして来年2018年3月に幕張メッセも決まったりしていよいよ本格始動の様相です。


ああ、ファン冥利に尽きる!

SISTERAY - WHO R YA?

もうずっと長い間、好きそうなバンドが出てこなくて完全にUS勢が優勢なんだと思ってましたが。よーーやくやっと出てきました。いや、死ぬほど待ちましたよ。実際新譜は邦楽以外ほとんど買ってないし。カウンターだからこそ受けた衝撃は大きかった!


ロンドン出身の4ピース。イギリスお得意のインディー・ガレージなんだけどそこかしこに漂うPUNKアティチュードが最高すぎる。LIBERTINESとCLASHをきちんと通過しているような楽曲群、ロンドナーらしい佇まい。


PALMA VIOLETSとVACCINESのフロントアクトも経験済みという安心感。現れてくれてありがとうSISTERAY!

ARCHIVE

2017 / 6 7 8 9

2016 / 1 2 3 4 6 7 8 9 10

2015 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

2014 / 1 2 4 7 8 9 10 11 12

2013 / 1 2 3 4 5 6 7 8 10 11 12

2012 / 1 2 6 7 8 9 10 11

2011 / 1 2 3 5 6 7 8 11

2010 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 11 12

Copyright (C) Nagashima Tomohiko All Rights Reserved.