日英同盟ブログ

The Sherlocks - Escapade.

Arctic MonkeysやReverend&The Makersと同郷、英国シェフィールド出身の4人組。うち2人が兄妹という素朴な編成。見た目もかなり素朴で微笑ましいのだけど、音はしっかりシェフィールド然としていGOODです。


大先輩のBUZZCOCKSやTHE ENEMYのサポートアクトも務めた経験を持ち、ステージングも既に500ステージをこなす、超若手なのにそこそこ苦労人。あとはキッカケがあれば間違いなく売れる!というワクワクするバンドです。


今やときの人、Catfishのヴァンとも仲良しみたいでこれも個人的に嬉しい感じ。あと普通にバンド名が格好いい。

Hooton Tennis Club - Jasper.

マージービートのお膝元、リヴァプール出身の4人組。最高にいなたい感じに好感が持てます。ビートルズ直系かと思いきやそうでもなく、いまロンドンを中心に流行っているサイケデリックなバンド。

レーベルはそのブームの牽引役、Templesを輩出したHeavenly Recordsだからこその音色といえるかも。でも最近の「サイケブーム」は90年代のグランジも通過してるからいわゆる60年代の雰囲気とは一線を画していると個人的には思うな。

プロデューサーとして元Coralのギタリスト、Bill Ryder-Jonesが参加しているのもうなずける。Hooton以外にThe WytchesやArcticも手掛けているみたい。

Maroon 5 - Sugar.

最近、MAPSやAnimalsとグロ注意なMVばっかりだと思ったら急にこんなにハートウォーミングな演出をしやがった。とても素敵。

だが、いかにもなサプライズとtoo muchなリアクションに「ヤラセ疑惑」がそこかしこに浮上。もれず僕もその一派です。

でもさ、そんなの夢ないじゃん。いいじゃん額面通り受け取っておこうよ!と思ってたところに「リアル裏付け」な動画を発見。マジで超素敵かも。


officialと並べておきますんで観比べてください。

Pretty Vicious - Cave Song.

キタぞ。2015年の超大型新人候補!やっぱりこういうのが好きだ。

英国はウェールズ出身の4人組。彼らはまだ十代という若さ!服装やメロディー、Vo.のBradの声からわかるように「UK ROCK」そのもの。Libertines meets Arctic Monkeysというド直球な形容を当然ながらされてます。服装はOasisなのも生粋なLADSだという証。

NMEなどではまだみかけないけど、Radio1やXFMのDJがピックアップしたり、BBCがプレイリストに早速加えたりしてる。意外なところでいえば、フレッドペリーが公式ブログで応援したりとジワジワきてます。

昨年のマイ・ベスト・バンドはCatfish and The Bottlemenでした。今年の称号はこのまま彼らになるのか?まだまだ洋楽界の動向が楽しみ。

Peter Doherty - Flags of the Old Regime.

Libertinesも再結成以来、かなり順調に活動を続けてる最中で、カールに続いてピートも自身の新曲をドロップ。


友達だったエイミー・ワインハウスへの鎮魂曲をタイのRehabで頑張ってお薬を抜きながら作った曲なんて、ちょっと嬉しいじゃないか。メンバーとの関係も良好らしいし、ともすれば近いうちに4人揃っての来日も叶うかもしれない。そしたら嬉死する。


T in the ParkとIbiza Rockにも出演とか最高に嬉しいニュース。頑張れピート、君はマイ・ヒーローなんだから。

ARCHIVE

2017 / 6 7 8 9

2016 / 1 2 3 4 6 7 8 9 10

2015 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

2014 / 1 2 4 7 8 9 10 11 12

2013 / 1 2 3 4 5 6 7 8 10 11 12

2012 / 1 2 6 7 8 9 10 11

2011 / 1 2 3 5 6 7 8 11

2010 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 11 12

Copyright (C) Nagashima Tomohiko All Rights Reserved.