日英同盟ブログ

SAINT MOTEL - My Type.

L.A出身のトロピカルなインディーロックバンド、Saint Motelの新譜が期待以上!


ファンクでラテンな感じもあり、いま主流のカリフォルニア感もある。気軽に踊りやすい、ある種軽薄なこのテの曲はまず、とりあえず売れます。


Foster the peopleあたりが好きな人はきっとストライク。

Years & Years - Desire.

BBCが選ぶ「2015年期待のニューカマー・ベスト15」にも名を連ね、NMEでも激プッシュ中のYears&Yearsが今年一発目のレコメンドです。


あけましておめでとうございます。


肝心の曲は、ポップなエレクトロであってかなりダンサブル。つまりPEDです。そんな言葉ないけど、EDMより間口が広く、踊りやすい曲が多いです。


Vo.のオーリーがバンドやりつつ、俳優もやるというマルチぶり。楽しいことならなんでもやるし、カテゴライズなんて意味ないよ!という新人類。服装もオシャレで、レーベルもKITSUNEというオシャレっぷり。


ざっくり言えば「新しいFranz Ferdinand」です。聴いてみて!

Kid Wave - All I Want.

最近なにかと話題のUKバンドを輩出しているレーベル「Heavenly Recordings」からまた格好いいのが出てきた。


TOYやTemplesとはまた違った方向のベクトルを持ったガレージバンド。前出2バンドがとてもUKらしい音色を得意とするならば、このKid waveはUSのカリフォルニアぽい。


イメージは異なれど、音が近しいHeavenlyにおいての同音異義バンド。期待大!

Kitty, Daisy & Lewis - Baby Bye Bye.

音楽エンジニアの父、ガールズポスト・パンクバンド「レインコーツ」のメンバーを母に持つ音楽一家から飛び出した、懐古主義的ライオットな兄妹グループ、Kitty,Daisy&Lewisが新曲をドロップ!


新しいアナログスタジオを建て、新しいプロデューサーに元・クラッシュのミック・ジョーンズを迎えた3枚目のニューアルバム「Kitty, Daisy&Lewis The Third」を製作中!


1940年代から脈々と受け継がれているブルース、カントリー、ロックに最も純粋で真摯に対峙したらこうなるよね!の超格好いい例のバンド。

The Ordinary Boys - Awkward.

Ordinary Boysが帰ってきた!

Vo.プレストンがブルックリンで本屋でも営んでいそうなナードルックスで!どうしたんだろう的なイメージチェンジで驚いた。でも男前っぷりはそのまま。

肝心の音。良かった!全然変わってない。むしろ、以前よりひと回りビルドアップされたビタースウィート・ポップパンクで最高に格好いい。

フィジカルリリースを期待したい。(LPを作っているみたいだ!嬉しい)

ARCHIVE

2018 / 1 2

2017 / 6 7 8 9 12

2016 / 1 2 3 4 6 7 8 9 10

2015 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

2014 / 1 2 4 7 8 9 10 11 12

2013 / 1 2 3 4 5 6 7 8 10 11 12

2012 / 1 2 6 7 8 9 10 11

2011 / 1 2 3 5 6 7 8 11

2010 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 11 12

Copyright (C) Nagashima Tomohiko All Rights Reserved.