日英同盟ブログ

Introducing BBC Music Sound Of 2016.

あけましておめでとうございます。

年末年始にいろいろ楽しい仕事をさせていただいたことですし、今年も音楽道は地道に着実に探求し続けていきます。そういうモチベーションを得るための仕事です。仕事と私事。

ということで、今年もよろしくお願いします。

さて、今年もこの季節がやってきました。「BBC SOUND OF」の季節が。BBCが選ぶ次世代のアーティストの祭典です。ここからスターが毎年生まれています。

今年も良いアーティストがたくさんエントリーされていて、いまからワクワクしますね。例えば、

僕も以前より激推ししている、RAT BOY.
エイミーワインハウスを彷彿とさせる実力派シンガー、ALESSIA CARA.
英マンチェスター出身、世界照準のサイケデリックバンド、BLOSSOMS.
他にもNAO、DUA LIPAなどなど合計15組!

BBCが紹介用のプロモーションを公開してますので、是非チェックしてみてください。

話が前後しますが、昨年のエントリーもやっぱりえげつない面々です。
James Bay、Shamir、Slaves、SOAK、Wolf Alice、Years & Yearsだもんね。卒倒しちゃう。てか、当時したし。

Sunflower Bean - Wall Watcher.

ブルックリン出身の3ピースバンド、Sunflower Beanが気になってしょうがない。まず3人のルックス。これだけでもうインディーおじさんにはたまらない。文学的な雰囲気、そして退廃的なゴシック感、若さゆえの儚さ。うん、最高。そしてなんといってもやっぱり曲。

デジタルなアプローチをポストパンクで鳴らす格好良さがまさに「イマ」な音だなと。UKではWolf Aliceがブレイクしてるし、このSunflower Beanも沸々とキテます。かのエディースリマンからの寵愛もちゃんと受けていてロックセレブとしてもデビューしてます。

間違いなく来年の夏フェスで会えるバンドです。いまから是非チェックを!

The DistrictsをはじめBlack Keysなど良質なUSインディーを続々輩出している「FAT POSSUM RECORDS」からリリースするデビューLPからの先行トラックがこちら。

Spring King - Who Are You?

マンチェスター出身の4ピースバンド、SPRING KINGが一聴して好きになった。毎度直感でバンドやその他諸々を好きになるので僕としては通常営業ではありますが。


2014年から頭角を現し、SXSWやROUGH TRADEでのインストアギグ、そして今年のレディング&リーズに登場という着々とキャリアを積んでいます。


音的にはガレージ寄りのポスト・パンクといった趣で、乱暴な言い方をすれば「Parquet Courtsに対する英国からの回答」という感じでしょうか。これも使い古された古典的表現ですね。というか、これ考えた人、発明だわ。


とにかく聴いてみてください。センスありまくりです。

The Killers - The Cowboy's Christmas Ball.

ラスベガス出身の、伊達男ダンスロックバンド、THE KILLERSがクリスマスソングを公開。


Voのブランドンのソロ活動も好評のうちに一段落着いたということでしょうか、バンド活動が再開しました。僕個人的には解散していないのならやっぱりバンドで観たい!


でもなぜかクリスマスソング。


MVも西部開拓時代の雰囲気そのままに、タイトルもまんまカウボーイ。フィルムノイズまで表現しちゃって、なかなかのこだわりようです。平和ですね。平和が一番。


7インチ切らないかな。一応欲しいな。

TRAMPOLENE - Imagine Something Yesterday.

英ウェールズ出身の3ピースバンド。ルックス良し、まんまド直球のUKインディーを鳴らしてます。


強めのフックなど全然ないけど、ファンを大事にしてそうなナイーブさが好きです。音は同郷の大先輩・マニックスぽくもあり、キャットフィッシュなラウド感もある。まあ、今ドキのバンドです。


この曲は結構前のものだけど、彼らの趣味趣向がダダ漏れしてるのでこれがいいかなと。つまりリバティーンズフリーク。カールの前座ももちろん経験済みです。


アストロホールでの来日希望です。

ARCHIVE

2017 / 6

2016 / 1 2 3 4 6 7 8 9 10

2015 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

2014 / 1 2 4 7 8 9 10 11 12

2013 / 1 2 3 4 5 6 7 8 10 11 12

2012 / 1 2 6 7 8 9 10 11

2011 / 1 2 3 5 6 7 8 11

2010 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 11 12

Copyright (C) Nagashima Tomohiko All Rights Reserved.